規格改定情報

Annex SL、共通テキストの採用

 Annex SLとは、ISOマネジメントシステム規格共通のテンプレートのことです。これまでISO9001・14001をはじめ、多くのマネジメントシステム規格が発行されてきました。各規格はそれぞれに類似性を持ちながらも規格毎に構造や用語が異なっていましたが、取り組む組織としては全体から見ればひとつの仕組みで運用されることが望ましく、また本来の姿であることから組織側から不満が生まれていました。各システム共通部分の指針を作成することで、これら不満を解消し、より効果的なマネジメントシステム構築・運用が期待されるとして、開発されたものです。

 2012年以降、新規策定及び改定される全てのマネジメントシステム規格は、原則としてAnnex SLに規定された上位構造(HLS:High Level Structure)・共通テキスト・用語を用いて構成されることになります。各マネジメントシステム規格が持つ特徴をHLSに追加され、HLSの内容は削除あるいは変更することはできません。

 既にISO22301(事業継続:2012年)、ISO27001(情報セキュリティ:2013年)、ISO9001(品質:2015年)、ISO14001(環境:2015年)などに採用、発行されています。

 ※ISO13485に関しては次回改定時に旧構造であるISO9001:2008をベースとすることが予定されています。


【 HLSの構造 】




                    



規格改定情報一覧へ戻る